外国人を雇用する事に慣れている企業では、海外の面接のように服装に規制がなかったり、英語での履歴書を提出できたりと、柔軟に対応してくれる企業もありますが、外国人を雇用する事に慣れていない企業では、ある程度、日本の面接のルールや常識をある程度理解した上で臨みましょう。